武蔵新城の歴史など 新城南口商店街に防犯カメラ設置 防犯バナー設置 防犯カメラ設置 テレビ静岡で新城南口が紹介されました しんじょう寄席 新城神社祭礼

武蔵新城の南口にある商店街のウェブサイトです。
お得な情報や、イベントなどを紹介しています。


トップ > 新城あれこれ
新城あれこれ
「新城」の由来

平安末期当地周辺には藤原摂関家を本所とする「稲毛荘」が成立していました。
その領域は宮内から小田中、井田方面と思われますが、その本庄に対し新開発地域に「新庄」の名が与えられ、そのシンジョウの音に対する表記が後に転化して「新城」になったものと推定されます。

南武線の武蔵新城駅
昭和30年頃の駅前

昭和2年
私鉄「南武鉄道線」(川崎-登戸間)の開通に合わせて「武蔵新城停留場」としてか開業。当初は多摩川の砂利を運搬するのが目的とされた。当時大人が一区間五銭。

昭和4年
立川駅まで延長開業。

昭和14年
武蔵新城駅北口完成

昭和19年
「南武鉄道線」が国有化になり、「駅」として昇格し、国鉄南武線の「武蔵新城駅」となる。

昭和32年
武蔵新城駅南口完成

昭和62年
「国鉄分割民営化」によりJR東日本「武蔵新城駅」となる。

平成2年
高架駅となる。

武蔵新城商店街
昭和30年頃の商店街

武蔵新城の商店街は昭和22年(1947年)、南口から少し離れた新城中通りの南側の生鮮食料品店が始まりである。新城商店振興会となり、中通りから銀座街へと発展していった。
当時、新城名店街に続いた銀座街は、東側が川崎住宅が建設した住宅街で、日本光学や日立製作所などの企業の社宅、西側は川崎市営住宅であった。
昭和24年(1949年)には、北口に新城百貨店、昭和28年(1953年)には我が新城南口商店街が、昭和30年には新城西通り商店街ができた。昭和39年(1964年)には新城名店街が80%形づくられ、新城北口はってん会、新城北口一番街も生まれた。

参考文献:中原区誌「わたしたちの中原」(なかはら地元学実行委員会)
川崎地名辞典(川崎市)